スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<内々定取り消し訴訟>会社に慰謝料支払い命令 福岡地裁(毎日新聞)

 企業が経営環境の悪化を理由に一方的に内々定を取り消したのは違法として、元学生の男女2人が不動産会社「コーセーアールイー」(福岡市中央区)に慰謝料など計495万円を求めた訴訟の判決が2日、福岡地裁であった。岩木宰(おさむ)裁判長は「内々定取り消しは原告の期待を裏切り違法。原告に誠実に対応したとは言い難い」として同社に計195万円の支払いを命じた。原告側の光永享央(たかひろ)弁護士によると、内々定の取り消しに慰謝料支払いを命じた判決は全国初。

 判決によると、2人は2008年5~7月、それぞれコ社の適性検査や面接などを経て内々定を得て、会社側に要求された入社承諾書を提出した。2人は就職活動を終了させたが、正式な内定通知を受け取る予定だった10月1日の2日前「サブプライムローン問題や原油などの暴騰の複合的要因による経営環境の悪化」を理由とする内々定取り消しの書面が届いた。

 岩木裁判長は「内々定によって労働契約が成立したとは言えない」と判断したが、コ社の対応は「経済状況が更に悪化するという一般的危惧(きぐ)感のみから、原告への影響を十分考えず、内定直前に急いで取り消したと評価せざるを得ない」と指摘。「信義則に反し、原告の期待利益を侵害する不法行為」と認定した。

 原告の男女はこの問題を巡り09年1~4月、労働審判を福岡地裁に申し立てた。審判は同4~5月、コ社側に2人への「解決金」として、計175万円を支払うことを命じたが、会社側は異議を申し立て、訴訟になった。

 コーセーアールイーは「特にコメントすることはない。対応を弁護士と協議する」としている。

 原告の男女は現在別の会社に勤務している。【岸達也】

【関連ニュース】
就職率:地方出身の大学生に苦難 古里にも求人なく
就職率:大学生91.8% 99年度に次ぐ2番目の低さ
退職強要:入社9日で 労働審判申し立て
日本郵政:非正規を正社員化 6.5万人対象
退職強要:「入社9日で」 24歳男性、労働審判申し立て

<縄文ツツジ>水田に映え 枝周り20メートル(毎日新聞)
少しでも役場の管理費節約!町長もトイレ清掃(読売新聞)
<たちあがれ日本>中川氏、参院比例代表で出馬へ(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎県が農家補償に426億円 補正予算案を発表(毎日新聞)
郵政法案、7人が採決棄権=自民造反復党組(時事通信)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターひできいしまる

Author:ミスターひできいしまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。